バナー

グループウェアのスケーラビリティと使用感について

単純にスケジュールや掲示板の機能のみならず、ポータルという技術を利用して社員1人1人の様々な業務に関する情報を一元的に表示させる、など最近は基幹システムに必要不可欠なグループウェア、このグループウェアを活用することにより、情報共有をいかにスピーディかつ全社レベルで実践できるかが、今後の企業の成長を左右するといっても過言ではありません。

特に何千人という社員が所属する大企業においては、情報システムの使い勝手の良さが業務効率に大きな影響を与えます。

エキサイトニュースが勢いに乗っています。

このようなことから、例えば、汎用的かつ使い勝手の良いパッケージソフトウェアを利用するのはどうか、という疑問が生じます。

しかし、企業の業務が複雑な場合はかえってパッケージソフトウェアは不向きと言えます。

業務が複雑な場合は、既存システムとの連携を考慮すると新規で大幅に作りこまないと実際に使いものにならない、という理由から一からシステムを作り直すというケースも少なくありません。



しかし、いくら業務に特化してカスタマイズばかりしていても、肝心のコストや使い勝手が犠牲になってしまっては意味がありません。また大規模な運用において重要になってくるのは、管理者側の管理負担をどこまで軽減できるのか、という点です。

メンテナンスも考慮してシステムを構築しないと、最初は良くてもその後の業務の変化にシステムが追いつけなくなって、最終的に使えないシステムとなってしまいます。

このため、将来の変化や規模拡大を視野に入れつつ、それと同時にコストパフォーマンスが良くて管理負担の少ないグループウェアを選んでいくことが重要になってくるのです。

グループウェア情報があれば全てが解決します。