バナー

グループウェアとメールをどう使い分けるか

現在、企業で一番利用されている情報システムはメールシステムではないでしょうか。
グループウェアの導入および運用を検討する際も、メール機能をどう利用していくかを考えることは1つの大きな重大事項となります。


社員数が10~20名程度であれば、このようなメール機能で間に合うのかもしれませんが、ある程度企業の規模が大きくなるとメールの利用も様々な目的で行われることが多くなります。

このため、グループウェアへの移行もそれに伴って難しくなります。

では実際に大企業ではどのようにグループウェアを活用しているのでしょうか。

1つの例としては、どちらかのいずれかに一本化するのではなくてメールはメールソフトを使い、スケジュールや掲示板はグループウェアを利用する、というようにそれぞれ用途に応じて使い分けるというやり方です。

FC2まとめの特徴につてをいくつか紹介しています。

もちろん、用意されているメール機能の方を使うメリットも多く、企業によってはメールについてもメールソフトを使わず統一しているところもあります。



しかし、メールシステムを検討する際に最も重要となるのは、多くの企業では依然として社内の情報共有もメールで行われているという事実です。

メーリングリストで社内プロジェクトの情報を共有することの危険性は計り知れません。


メールサーバーの運用形態を今一度検討するとともに、流通している情報の中身についても踏み込んで考えていくことが重要です。

グループウェアについての情報ならこのサイトです。

このようなことを踏まえると、将来的にはグループウェアを利用することが必然的に求められるのではないでしょうか。