バナー

グループウェアの共有情報を必ず取得するには

最近、企業のグループウェア導入がますます進んでいます。


スケジュール、メール、掲示板など、グループウェアは社員の欠かせないコミュニケーションツールとして利用率が高まっています。



しかしその中でよく問題になるのがグループウェアのポータル画面を立ち上げていなかったことによる連絡漏れや情報の行き違いです。
特に古くから在籍している社員は、電子メール文化が根付いているのか、あまり積極的にポータル画面を見ていないことも多いようです。

グループウェアに今、注目が集まっています。

折角グループウェア導入しているのにこれでは意味がありません。


常に最新情報が入ってくるポータル画面にはいつもアクセスして情報を確認しておきたいものです。
とは言っても、いつもポータル画面ばかり見ていると、本業が疎かになります。
では社員の業務効率を下げずに常に最新情報をキャッチすることは可能なのでしょうか。


実はあるグループウェア会社が提供するパッケージには、最新情報を始め、新着メール、スケジュールの開始時間や申請についてポップアップ画面で通知してくれる機能が装備されているのです。


例えば、資料作りや調べものに追われてポータル画面を確認していない場合でも、必要な時にアラートで通知するリマインダー機能により最新情報を知らせてくれます。

産経デジタルの情報もあります。

この機能により、大切な情報を見逃すことなく、タイムリーにキャッチすることができます。さらに、会議をするのにメンバーを集めたら、実際に全員揃ったのは開始予定時刻の20分後、というのは日常茶飯事です。
そんな時も会議開始の5分前にスケジュール通知の設定をしておけばその前にうっかり忘れていても特に問題ないのです。